\ ポイント最大11倍! /

クレジットカードにおける3種類の限度額

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

クレジットカードの限度額には3つの種類があります。

クレジットカード会社によって呼び方は若干異なりますが、ショッピング枠、割賦枠 (かっぷわく) 、キャッシング枠の3つです。

本記事では、これら3種類の限度額についてまとめます。

本記事の内容は、個人的な調査結果や経験、推測、感想に基づいたものです。
正確かどうか、最新かどうかについては、公式情報等をご確認ください。

目次

クレカの限度額、3種

クレジットカードの限度額には、大きく分けると3つの種類があります。

出典:クレジットカードの限度額と年収の関係は?限度額の平均や引き上げる方法もご紹介|クレジットカードの三井住友VISAカード

上記のように、ショッピング枠割賦枠 (かっぷわく)キャッシング枠の3種類があります。

クレジットカード会社によって呼び方が異なる場合もありますが、基本的な意味は同じです。

また、クレジットカードの種類によって、リボ専用カード等、一部の枠のみで構成されるものもあります。

ショッピング枠

一括払い (一回払い) の限度額です。

商品購入やサービス利用等によりクレジットカードを使用し、次回の引落し日にその利用金額を支払うものです。

この限度額は、各クレジットカード会社が判断します。

ちょっと余談ですが、投資信託のクレカ積立は、この枠を消費します。

割賦枠 (かっぷわく)

包括支払可能見込額というのは、以下の計算によって求められる金額です。

出典:割賦販売法改正に伴うショッピングご利用枠に関するご案内|クレジットカードの三井住友VISAカード

割賦枠は、基本的にショッピング枠の一部として集計されるはずです。

割賦枠はリボ払いや分割払いに使用される枠ですが、これは割賦販売法により包括支払可能見込額の90%が限度とされています。

この枠は、合理的かつ計画的な理由が無い限りは、使用しないことをオススメします。

ただ、三井住友カードでは、この枠を活用して以下のようにお得な使い方ができたりします (繰り返しになりますが、誰にでもオススメする訳ではありません)。

キャッシング枠

キャッシング枠は、クレジットカードにより現金の貸付を受けられる額、つまり借金の限度額です。

貸金業法により、年収の3分の1までに制限されています (総量規制)。

この枠もまた、合理的かつ計画的な理由が無い限りは、使用しないことをオススメします。

3種を包括する総利用枠

上記のショッピング枠割賦枠 (かっぷわく)キャッシング枠の3種類の限度額を包括する全体的な枠を、総利用枠 (利用可能金額) と言います。

三井住友カードのVpassでは、以下のように確認できます。

出典:Vpass (各自で要ログイン) ※当サイトにて赤線、赤字にて注釈

この表の包含関係を見ると分かりますが (枠線が薄くて見づらいのですが) 、3種類の枠のいずれを消費しても、総利用枠を消費する形になっています。

以下の記事で触れている年収ごとの限度額の目安 (年収400万円で利用枠150万円、等) は、この総利用枠のことを指していると思います。

各クレジットカード会社の限度額

各クレジットカード会社の限度額の説明ページを、いくつか記載しておきます。

三井住友カード

楽天カード

JCBカード

三菱UFJニコス

クレカを使って良い金額は、限度額ベースでなく自分で計算を

最後に、家計管理の面からの注意点です。

それは、クレジットカード会社が判断する利用限度額をベースに、自分がクレジットカードを使って良い金額を決めてはいけない、という点です。

生計を維持するためには、月々の支出額をある程度の範囲内に抑える必要性がありますが、当然その額はクレジットカードの利用限度額よりずっと小さい金額のはずです。

例えば、総利用枠が500万円のクレジットカードを持っていたとして、常に500万円分を使い切っていたら (どうやって使うのかという話ですが)、破産してしまいますよね (あ、破産しないならもちろんOKです)。

家族構成や働き方等の生活スタイルが多様化する中、一律の目安は無いので、支出金額のベースを自分で計算しておく必要性があります。

つまり、生計を維持するために必要となる最低限の支出金額と、それに基づいてクレジットカードを使って良い金額をしっかり管理しておくということです。

クレカを使って良い金額の管理
  • 生計を維持するために必要となる支出金額を把握する (例:30万円/月)
  • その支出金額のうち、クレジットカードで支払う金額を決める (例:7割の21万円/月)
  • 家計として、上記の支出金額が年収 (世帯収入) に見合っていることを定期的にチェックする

クレジットカードを使って支払うとポイント還元も得られるので、積極的にクレジットカードを使った支払いルートに集約することをオススメしますが、あくまで上記のように家計を逸脱しないという前提です。

支出の整理については、以下の記事にまとめてあります。

まとめ

本記事では、クレジットカードにおける3つの限度額についてまとめてみました。

ご利用は計画的に。

【予約受付中】日経新聞から発売予定のマネリテ書籍 (5/2)

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次