【随時更新】Amazonタイムセール情報

2024年6月4日の楽天キャッシュのポイント還元ルール変更をおさらい

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

2024年6月4日に適用される楽天キャッシュのポイント還元ルール変更、ちょっとややこしいので本記事にまとめておきます。

関連する話題として、楽天グループの金融系アプリ統合等を含む動向については以下の記事にまとめてあります。

本記事の内容は、個人的な調査結果や経験、推測、感想に基づいたものです。
正確かどうか、最新かどうかについては、公式情報等をご確認ください。

目次

楽天キャッシュのポイント還元ルール変更のサマリ

私の興味に沿って、今回の変更点をサマリします。

図で

とりあえず図にしてみます。

2024年6月4日の楽天キャッシュのポイント還元ルール変更のサマリ

上図の赤枠の部分では、楽天証券での投資信託の積立が0.5%還元になったり、楽天ペイのコード決済が基本的に1.5%還元になったりと、還元率がアップします。逆に、青枠の部分では楽天カードから楽天キャッシュにチャージする際の0.5%還元は無くなり、還元率がダウンします。

なお、楽天ペイの1.5%還元の内訳は、従来通りの楽天ペイの還元率1% (ポイントは翌日付与) と、今回追加される楽天キャッシュ利用時の還元率0.5% (ポイントは翌月10日頃付与) です。

要点で

3点くらいにまとめると、以下のようになります。

要点

楽天キャッシュを中心に表現すると、還元されるタイミングが入口(チャージ)から出口(利用時)に変わる格好なので、チャージ方法に関わらず0.5%還元を受けられることになります。

1.入口で還元率ダウン

楽天カードから楽天キャッシュにチャージする際の還元率が0.5%→0%に下がる
ただし、楽天カードでなく楽天ギフトカードや楽天Edyを利用した高還元ルートは引き続き利用可能

2.出口で還元率アップ

楽天キャッシュを利用する際の還元率が0%→0.5%に増える
ただし、請求書払い等、一部対象外あり (後述)

3.チャージ方法の違いによる格差拡大

従来、楽天カードでチャージしていた方にとっては入口と出口の還元率を合計すると基本的にプラスマイナスゼロになるのでメリット無し

一方、他の経路でのチャージ、つまり楽天ギフトカードや楽天Edyを利用した高還元ルートを利用していた方にとってはトータルの還元率がアップするのでメリットあり

参考までに、図中では給与デジタル払いも記載しています (これは私の予想) 。あくまで開始されたら…の話ですが、最初は何かしらキャンペーンも開催されることでしょう。

用途で

ということで、高還元ルート経由で楽天キャッシュを使えば、楽天証券での投資信託の積立や、楽天ペイのコード決済がよりお得になりますね。ルート封鎖が無ければ良いですが…

高還元ルートの活用例

例えば以下のような感じで、楽天証券の積立で計3.5%、楽天ペイで計4.5%の還元率を確保します。

別記事より (2024年6月時点)

そのような用途の話題は以下にまとめてあります。

公式ページの説明

公式ページでは以下のように2024年4月時点で案内されています。

詳細を確認されたい方は、公式サイトもご確認ください。

出典:「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」をひとつのアプリへ|楽天ペイメント株式会社
出典:【重要なお知らせ】楽天キャッシュの楽天ポイント進呈ルール変更に関するご案内|楽天キャッシュ

ポイント還元の対象外に注意

注意点にも触れていきます。

せっかくの1.5%還元ですが、そのポイント還元の対象外となるケースもあります。

請求書払いは対象外

前述の公式サイトの案内のとおり、楽天ペイでの請求書払いは、楽天キャッシュを利用する際の還元率0.5%の適用対象外です。

出典:【重要なお知らせ】楽天キャッシュの楽天ポイント進呈ルール変更に関するご案内|楽天キャッシュ

これは従来、楽天カードからチャージ (0.5%→0%に変更) して請求書払いを利用していた方にとっては、そのルートの還元率がダウンしてしまうということです。

一方で、高還元ルートを使用していた方にとっては、特に変化はありません。

ただ、楽天がこのルール変更の適用タイミングをちゃんと2024年の自動車税、固定資産税の納付時期の後である6月にしてくれている点は良いですね。

対象外店舗がけっこう多い

1.5%ポイント還元の対象外となる店舗がけっこうあります。

上記の対象外店舗の説明ページは、前述の公式ページの “※2一部対象外の店舗及び支払い方法があります” という箇所からリンクされています。

覚えておきやすいものは、ユニクロとGUダイソーJR東日本の一部の駅構内店舗あたりです。

1.5%還元だと思って楽天ペイで決済したら実は対象外だった…というケースはかなり残念なのですが、かと言って上記ページに記載されている店舗数はかなり多く、事前にすべてチェックするのは正直キツいところ。

事情はあるのでしょうが、このあたりは微妙ですね。

なお、上記の対象外店舗での決済時の還元率は、”1.5%が0%になる” のか、”1.5%のうち0.5%分だけが対象外で1%になる” のか、不明瞭です。この点について楽天ペイのサポートに確認しましたが回答いただけず、”後日ホームページ等にてお知らせ予定” とのことでした。
…が、ホームページ等では見当たらないので、私なりに別記事にまとめてあります

そもそも楽天ペイで支払えないケース

ポイント還元有無以前に、楽天ペイでは決済できない商品・サービスもあります (参考)。

楽天ペイで決済できない商品、サービスの例
  • 電気・水道・ガスなど公共料金の支払い
  • 切手、印紙、はがき
  • 収納代行票
  • プリペイドカード、ギフトカード
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • 電子マネーのチャージ
  • ゆうパック

店舗によって異なる場合があるかもしれません。

(準備中) もう少し考察

もう少し考察するためちょっと確認中です。後日この記事を更新予定です。

(6/21) 以下は1つ目の考察です。

まとめ

2024年6月4日に適用される楽天キャッシュのポイント還元ルール変更、ちょっとややこしいので本記事にまとめてみました。

記事作成、サイト管理
プロフ画像 (暫定版)

happynap
(はっぴぃなっぷ)

3人家族、ITっぽい仕事
ポイ活は趣味かも
スキマ時間に、ゆるく全力でブログ
のんびり昼寝したい

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次