【随時更新】Amazonタイムセール情報

Revolut、6/11からMastercardクレカからチャージ手数料廃止

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

一部クレジットカードからのチャージ手数料を2024年5月に撤廃予定としていたRevolutから、予定通り(?)、案内が来ました。

本記事では、その案内の概要をまとめておきます。

目次

6/11からのチャージ手数料廃止

2024年5月31日、Revolutから以下の案内メールが届きました。

Revolutからの案内

件名: 速報: Mastercardブランドのクレジットカード・デビットカードからの入金手数料の廃止!

件名は、速報で、かつ最後に “!” がついています。

速報と言うからには、続報があるのでしょうか…。

変更点

上記内容をまとめると、以下のとおりです。

チャージ手数料廃止
  • 日本国内で発行されたMastercardのクレカ、デビットカードからRevolutへのチャージ手数料

1.7% → 0%

2024年6月11日より0%になります。

チャージ手数料引き下げ
  • 日本国内で発行されたMastercardブランドのプリカからRevolutへのチャージ手数料

1.7% → 1.3%

案内上は、この変更の適用日は記載されていません。同じく2024年6月11日かとは思いますが。

その他

Visaブランドを含む、その他のクレカの扱いについての変更はありません。

なお、以前からVisaブランドのデビットカードからRevolut へのチャージ手数料は無料です。

高還元ルートへの影響

上記の変更は、基本的に改善なので、既存のルートが封鎖されるといった影響はありません。

特にメリットがあるのは、Mastercardのクレカ、デビットカードからRevolutへのチャージ手数料が無料になるという点です。

今後、高還元ルートの選択肢として、このRevolutを活用したものも挙がるでしょう。Mastercardブランドのクレカを起点とした場合に、予備的なルートとして活躍するはずです。

プリカからのチャージに関しては、1.3%の手数料が大きいので、有意とは言えません。

追って、以下にまとめていきます。

まとめ

本記事では、Mastercardブランドのクレカ、デビットカードからRevolutへのチャージ手数料が無料になる件をまとめてみました。

記事作成、サイト管理
プロフ画像 (暫定版)

happynap
(はっぴぃなっぷ)

3人家族、ITっぽい仕事
ポイ活は趣味かも
スキマ時間に、ゆるく全力でブログ
のんびり昼寝したい

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次