\ ポイント最大11倍! /

【使い捨て】ダイニチ加湿器の新たな抗菌気化フィルター

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

そろそろ加湿器のシーズンなので、メーカーの情報を確認していたところ、なんとダイニチの加湿機向けに、使い捨て抗菌気化フィルターがリリースされていました。

加湿器の面倒な点は何と言ってもお手入れなので、しっかりとマイナーな改善を積み重ねてくれるダイニチには感謝です。

本記事では、その新パーツ、”カンタン取替えフィルター” の概要をまとめます。

目次

使い捨ての抗菌気化フィルターがリリース


出典:汚れたら捨てるだけ!カンタン取替えフィルター | 加湿器 | 製品紹介 | ダイニチ工業株式会社 – Dainichi

※一部、黄色の商品説明がありますが、2023年度よりピンク色に変更になったらしいです。

お手入れ不要で、3カ月に1回 (※1)、交換すればOKのフィルターです。
(※1) 1日8時間運転、水道水の硬度50㎎/L(全国平均値)の場合

従来の抗菌気化フィルターは、2週に1回の水洗い+1カ月に1回のクエン酸洗浄で5シーズン (=5年) (※2) に1回の交換でした。
(※2) 1シーズンを6カ月、1日8時間運転、水道水の硬度50mg/L(全国平均値)、月に1回クエン酸洗浄した場合 (詳細)

つまり、この新しい使い捨ての抗菌気化フィルターは、使用できる寿命が短くなった分、メンテナンス性が根本的に改善した印象です。

ちなみに、従来の抗菌気化フィルターの方が安いです (比較表は後述)。

有用性や使い方についての考察は、後述します。

カンタン取替えフィルターの型番、商品ページ等

ダイニチのページに一覧が見当たらなかったので、以下にまとめておきます。

商品名は、”カンタン取替えフィルター” です。
※加湿性能の小さいものから順に記載します。

ちなみに、セットに含まれる個数は、ちょうど1シーズン (3カ月×2) の使用を想定した数量のようです。

カンタン取替えフィルターでなく、”普通の加湿フィルター” を含む各消耗品のリストは、以下にまとめてあります。

あわせて読みたい
【全機種】ダイニチ加湿器の加湿フィルター等の純正品を安く買う 加湿器を使用していると、定期的に加湿フィルター (抗菌気化フィルター) 等の消耗品交換が必要になります。 互換品でなくメーカー純正の交換部品を購入したいのですが、...

H060523:N・RX・Cタイプ(300mL/h)向け

【適用機種】HD-3009, HD-300A, HD-300B, HD-300C, HD-300CE, HD-300D, HD-300DE, HD-300E, HD-300EE, HD-300F, HD-300FE, HD-300GE, HD-300HE, HD-300IE, HD-300JE, HD-300R18, HD-300R19, HD-300R20, HD-300R21, HD-300TR, HD-300TR2, HD-300TR3, HD-300TR4, HD-3010, HD-3011, HD-3012, HD-3013, HD-3014, HD-3015, HD-3015E3, HD-3016, HD-3016E4, HD-3017, HD-3017E5, HD-3018, HD-3018E6, HD-3019, HD-3019E7, HD-3020, HD-3020E8, HD-3021, HD-3021E9, HD-3022, HD-3022E2, HD-C300G, HD-KS3017, HD-KSRX318, HD-KSRX319, HD-KSRX320, HD-N323, HD-N323E3, HD-RX309, HD-RX311, HD-RX312, HD-RX313, HD-RX314, HD-RX315, HD-RX316, HD-RX317, HD-RX318, HD-RX319, HD-RX320, HD-RX321, HD-RX322, HD-RX323

H060524:N・RX・Cタイプ(500mL/h~)、RXT・RXCタイプ向け

【適用機種】HD-500A, HD-500B, HD-500C, HD-500D, HD-500E, HD-500F, HD-5010, HD-5011, HD-5012, HD-5013, HD-5014, HD-5015, HD-5015E3, HD-5016, HD-5016E4, HD-5017, HD-5017E5, HD-5018, HD-5018E6, HD-5019, HD-5020, HD-5021, HD-5022, HD-700C, HD-700D, HD-700E, HD-700F, HD-7010, HD-7011, HD-7012, HD-7013, HD-7014, HD-7015, HD-7016, HD-7017, HD-7018, HD-7019, HD-7020, HD-7021, HD-7022, HD-900C, HD-900D, HD-900E, HD-900F, HD-9014, HD-9015, HD-9016, HD-9017, HD-9018, HD-9019, HD-9020, HD-9021, HD-9022, HD-C500G, HD-C700G, HD-C900G, HD-ERXT501, HD-KS5017, HD-KSRX518, HD-KSRX519, HD-KSRX520, HD-KSRX718, HD-KSRX719, HD-KSRX720, HD-KSRX918, HD-KSRX919, HD-KSRX920, HD-N523, HD-N723, HD-N923, HD-RX500A, HD-RX509, HD-RX511, HD-RX512, HD-RX513, HD-RX514, HD-RX515, HD-RX516, HD-RX517, HD-RX518, HD-RX519, HD-RX519E7, HD-RX520, HD-RX520E8, HD-RX700A, HD-RX709, HD-RX711, HD-RX712, HD-RX713, HD-RX714, HD-RX715, HD-RX716, HD-RX717, HD-RX718, HD-RX718E6, HD-RX719, HD-RX719E7, HD-RX720, HD-RX720E8, HD-RX900A, HD-RX911, HD-RX912, HD-RX913, HD-RX914, HD-RX915, HD-RX916, HD-RX917, HD-RX918, HD-RX918E6, HD-RX919, HD-RX919E7, HD-RX920, HD-RX920E8, HD-RXC500B, HD-RXC700B, HD-RXC900B, HD-RXT521, HD-RXT521E9, HD-RXT522, HD-RXT522E2, HD-RXT523, HD-RXT523E3, HD-RXT721, HD-RXT721E9, HD-RXT722, HD-RXT722E2, HD-RXT723, HD-RXT723E3, HD-RXT921, HD-RXT921E9, HD-RXT922, HD-RXT922E2, HD-RXT923, HD-RXT923E3

H060522:LXタイプ向け

【適用機種】HD-LX1019, HD-LX1020, HD-LX1021, HD-LX1022, HD-LX1023, HD-LX1219, HD-LX1220, HD-LX1221, HD-LX1222, HD-LX1223

H060525:PN・PCタイプ向け ※フィルター2個使用の大容量モデル

【適用機種】HD-1500F, HD-151, HD-152, HD-153, HD-154, HD-1800F, HD-181, HD-182, HD-183, HD-184, HD-2400F, HD-242, HD-243, HD-244, HD-PC1500G, HD-PC1800G, HD-PC2400G, HD-PN155, HD-PN185, HD-PN245

有用性や使い方についての考察

この “カンタン取替えフィルター”、実際に購入して試してみようとは思っていますが、とりあえず考察してみます。

従来の抗菌気化フィルターとの違いサマリ

ダイニチのページで、表形式でまとめられていますので、気になるポイントに注釈してみます。


出典:汚れたら捨てるだけ!カンタン取替えフィルター | 加湿器 | 製品紹介 | ダイニチ工業株式会社 – Dainichi ※当サイトにて赤線等で注釈

交換の期間

前述のとおり、この新しい “カンタン取替えフィルター” は、使用できる寿命が短くなった分、メンテナンス性が根本的に改善した印象です。

お手入れの負担を減らそうというダイニチの姿勢を感じます。

定期的なお手入れ

この新しい “カンタン取替えフィルター” は、お手入れ不要で、交換のみでOKです。

従来の抗菌気化フィルターのお手入れについては、別の記事でも紹介しています。

余談:本体は汚れる

さすがに何年も使うと、加湿フィルター以外に内側も汚れます。考慮しておいた方が良いと思います。

あわせて読みたい
ダイニチ加湿器 HDシリーズを分解掃除 (HD-154,HD-184,HD-244,HD-243等) 我が家の大切な最強加湿器(HD-243)ですが、4シーズンほど使用し、今まで見て見ぬふりをしてきた内側の汚れが気になってきました。 しかし、取扱説明書で書かれているお...

性能回復イメージ

どんなにメンテナンスが楽ちんでも、加湿性能が低下し過ぎると困ります。


出典:汚れたら捨てるだけ!カンタン取替えフィルター | 加湿器 | 製品紹介 | ダイニチ工業株式会社 – Dainichi ※当サイトにて赤線等で注釈

ダイニチのページの図では、 “カンタン取替えフィルター” (右) の加湿量 (性能) の交換直前の最低値が、従来の抗菌気化フィルター (左) のお手入れ前の最低値を下回っています。

やはり加湿器の仕組み上、お手入れしないと加湿性能が落ちるのは当然です。

一方で、加湿量低下の傾きは、従来の抗菌気化フィルター (左) よりも緩やかです (汚れにくいヒミツがあるのか気になりますね)。

加湿性能を確保しつつ使うためのオプション (選択肢) は何かあるのでしょうか…。

ダイニチのサポートに質問

気になったので、ダイニチのサポートに質問してみました。

以下、サポートからの回答内容を、(私の理解に沿って) 要約します。

  • “カンタン取替えフィルター” は、お手入れをしても問題無し
    (使い捨てが商品コンセプトではあるものの)

  • ただし、”カンタン取替えフィルター” は、従来の抗菌気化フィルターに比べ、材質は同じだが、強度が少し弱い
    ※お手入れによりフィルターが変形すると加湿量低下の原因になるので要注意

  • フィルターを上下を逆さまにして交互に使用すると、幾分か長持ちする

小ネタも含めて、丁寧に回答をいただけました。ありがたいです。

※ちなみに、”カンタン取替えフィルター” のお手入れをしたら加湿性能が回復するはずだと思うのですが、そのことについての明言はありませんでした (メーカーの都合上、回復することを示すデータや保証が無いためかと思います)

カンタン取替えフィルターのお手入れをするとしたら

個人的には、2カ月目くらいで1回、お手入れしても良い気がします。


出典:汚れたら捨てるだけ!カンタン取替えフィルター | 加湿器 | 製品紹介 | ダイニチ工業株式会社 – Dainichi ※当サイトにて赤線等で注釈

ダイニチのページの図では、 “カンタン取替えフィルター” (右) を2カ月使用したときの加湿量 (性能) が、従来の抗菌気化フィルター (左) のお手入れタイミングの加湿量と同じくらいになっています。

ということで、”カンタン取替えフィルター” のお手入れをするとしたら、加湿性能の低下を基準にすると、2カ月目くらいで1回、お手入れをしておけば、2カ月目~3カ月までの加湿量を維持しやすいのではないでしょうか。

※この加湿量の図が正確なのかどうかは未確認ですが、メーカーが公式に表現したものなので、それなりの根拠があるという前提で読み取っています。

市販のクエン酸の例

ちなみに、お手入れに使用するクエン酸は、こういう商品のことです (ドラッグストア等でも売られています)。

価格

参考までに比較用に定価(税込)も載せておきます (リンクはAmazon)。

“カンタン取替えフィルター”の定価 (型番) (参考)従来の抗菌気化フィルターの定価 (型番) 差額
¥2,420 (H060523) ¥1,760 (H060517) ¥660
¥2,640 (H060524) ¥1,870 (H060518) ¥770
¥3,300 (H060522) ¥2,640 (H060520) ¥660
¥7,480 (H060525) ¥4,400 (H060519) ¥3080

コスト面では、従来の抗菌気化フィルターの方が安いですし、5シーズン使えることになっています。

ということで、価格面だけを考えると、従来の抗菌気化フィルター一択になるかと思います。

お手入れの手間が省けるというメリットに対して、どれだけのコストを許容できるかという価値観次第かと思います。

ちなみに私の場合は、従来の抗菌気化フィルターを基本的に1シーズンで買い替えていたので、”カンタン取替えフィルター” を試してみる価値はありだと思っています。

(補足) 純正品を使う

加湿フィルターは互換品も売られていますが、純正品が良いでしょう。

加湿フィルターは消耗品ですが、間違いなく加湿器のコアパーツです。

互換品自体が激安という訳でもなく、また加湿器本体が高価であることも考えると、純正品が無難だと思います。

まとめ

本記事では、ダイニチの加湿機向けの、使い捨て抗菌気化フィルターの概要をまとめてみました。

後日、実際に使ってみようと思います。

加湿器の全般的なことについては、以下の別記事にまとめてあります(長文)。

あわせて読みたい
吹き抜け住宅に家庭用最強クラスの加湿器(HD-244,FE-KXP23) 鼻、喉やお肌のコンディション維持のため、"加湿"は最も重要です。 在宅勤務や育児、介護等により家にいる時間が長くなるケースや、アレルギー対策や感染対策が必要なケ...



日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次