\ ポイント最大11倍! /

【スペック比較】HD-244とFE-KXP23 家庭用最強クラスの加湿器

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

家庭用の加湿器のうち、加湿量が最も大きな機種として、ダイニチ(D)のHD-244(HD2400F)とパナソニック(P)のFE-KXP23があります。

本記事では、その2機種について、シリーズのラインナップとスペック比較結果を手短にまとめます。

目次

ラインナップ

本記事では、最上位モデルのHD-244とFE-KXP23を比較しますが、先に双方のシリーズのラインナップを確認しておきます。

ダイニチ HD SERIES パワフルモデル

給水タンク容量が最も大きいシリーズで(6L×2)、十分な加湿性能を確保できます。




(画像:楽天市場)

機種
HD-154
HD-1500F
HD-184
HD-1800F
HD-244
HD-2400F
最安値チェック
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
最大加湿量(標準モード) 1,500mL/h 1,800mL/h 2,400mL/h
最大加湿量(静音モード) 1,200mL/h 1,200mL/h 1,600mL/h
適用床面積(木造和室) 42m2(25畳)まで 50m2(30畳)まで 67m2(40畳)まで
適用床面積(プレハブ洋室) 69m2(42畳)まで 82m2(50畳)まで 110m2(67畳)まで

※「木造和室」は木造住宅、「プレハブ洋室」は気密性の高いプレハブや鉄筋コンクリートマンション等の住宅のことです。

モデル間のスペック差は主に加湿量ですが、静音モード時の最大加湿量の差が大きいです。
静かに動作させつつ加湿性能を確保したい場合には、HD-244のスペックが高いです。

パナソニック 大容量タイプ

こちらも同様の給水タンク容量(6L×2)、加湿性能を確保できます。

ダイニチと異なり、加湿量2,000ml/hのモデルがあります。




(画像:楽天市場)

機種
FE-KXF15
FE-KXP20
FE-KXP23
最安値チェック
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
定格加湿能力 1,500mL/h 2,000mL/h 2,300mL/h
(ターボ時)
適用床面積(木造和室) 42m2(25畳)まで 56m2(34畳)まで 64m2(39畳)まで
適用床面積(プレハブ洋室) 69m2(42畳)まで 92m2(56畳)まで 106m2(64畳)まで

※「木造和室」は木造住宅、「プレハブ洋室」は気密性の高いプレハブや鉄筋コンクリートマンション等の住宅のことです。

こちらも、モデル間のスペック差は主に加湿量です。
“静かモード”というモードがありますが加湿量は不明です(湿度40%を目指すモードのようです)。

ダイニチHD-244とパナソニックFE-KXP23の比較

最上位モデルのHD-244とFE-KXP23を比較します。

どっちが良い?

私の主観ですが、この記事を書いた時点では、

  • 性能とメンテナンス性で選ぶならHD-244
  • 電気代や交換部品を含めたコスパで選ぶならFE-KXP23

という印象です。

基本スペック

項目
ダイニチ HD-244
パナソニックFE-KXP23
外観、リンク

(画像:楽天市場)
楽天市場Amazon

(画像:楽天市場)
楽天市場Amazon
発売年 2020年 2017年
最安値(2022年11月時点) 4万円台後半 6万円台前半
加湿量 2,400ml/h 2,300ml/h
方式 ハイブリッド式
(温熱気化+気化)
気化式
給水タンク 6L×2 6L×2
適用床面積(木造和室) 67m2(40畳)まで 64m2(39畳)
適用床面積(プレハブ洋室) 110m2(67畳)まで 106m2(64畳)
消費電力(最大) 818W 46W
連続加湿時間 約5.0時間(※1) 約5.2時間(※2)
外形寸法(mm) 410×450×348 560×280(+脚部25)×700
カタチ 立方体に近い(転倒しづらい) 縦長(たぶん転倒注意)
吹き出し口 上部 上部
質量 約9.6kg 約16.1kg
運転音(最大値) 48dB 44dB(ターボ時)
運転音(静音時等) 31dB(静音時:最大加湿量1,600ml/h) 34dB(中運転時:定格加湿能力1,500ml/h)
27dB(“静かモード”時)
安全装置 転倒自動停止装置、室温異常自動停止装置、等 転倒スイッチ、チャイルドロック、等
メンテナンス (後述します) (後述します)
  • HD-244は、ハイブリッド式の安定した加湿性能があります。
    ハイブリッド式のため、静音モードでもしっかり加湿できます。
    本体価格は若干安いです。

  • FE-KXP23は、加湿量に対して圧倒的に消費電力が低いです。
    気化式でここまでの加湿量は驚きです。
    本体価格は若干高いですが、電気代を含めたコスパを重視すると、FE-KXP23一択でしょう。
    また吹き出し口が高い位置にあり、床置きでも効率よく加湿できそうです。
    ナノイーについてはスルーします。

※1 加湿量は室温20℃、湿度30%の場合(おそらくJEM1426相当)。数パターンのカタログ値のうち最小値を記載しています(おそらく最大加湿性能での運転時)。
※2 JEM1426に基づく、室温20℃ 湿度30%の場合。

メンテナンス

メンテナンスについては、以下の記事にまとめてあります。

まとめ

本記事では、家庭用最強クラスの加湿器であるダイニチのHD-244とパナソニックのFE-KXP23のスペックを比較してみました。

この2機種のどちらかを購入する際には、求めている性能やメンテナンス性をもとに選ぶことになると思います。

メンテナンス性を含めた比較や、さらに加湿器の全般的なことについては、以下の別記事にまとめてあります(長文)。

あわせて読みたい
吹き抜け住宅に家庭用最強クラスの加湿器(HD-244,FE-KXP23) 鼻、喉やお肌のコンディション維持のため、"加湿"は最も重要です。 在宅勤務や育児、介護等により家にいる時間が長くなるケースや、アレルギー対策や感染対策が必要なケ...

参考

あわせて読みたい
在宅勤務用のお手ごろなデスク周りまとめ 仕事のフルリモート化に伴い、自宅のデスク環境を色々準備した際の記録です。 IT系の仕事は基本的に座り続けるのでデスク周りの環境づくりは重要です…とは言ってもあま...





日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次