\ ポイント最大11倍! /

【失敗談】グダグダな USB Type-C 充電器選び

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

PCの充電用に USB Type-C (USB PD) の充電器を購入しました。

商品自体はとても良いもので、まったく問題ないのですが、私が説明をちゃんと読まずに購入してしまい失敗したので、そのグダグダ感を本記事にまとめます。

目次

購入した充電器

普通のモバイルPCの充電程度なので、65W対応の充電器の中から、手ごろでコンパクトなものを選びました。

Amazonで上記の充電器を買いました。

知らないメーカーですが、評価も良く、安かったためです。

黒と白の2色展開なのですが、価格を比べたところ、白の方が (黒より) 安かったのです。

「白の方が人気が無くて安いんなだぁ…」程度に思い (ここがケアレス)、白を即買いしたところ、実はその価格差の理由は、”白の方にはケーブルが付属していない” というだけの話でした。

ちゃんと商品タイトルに “ケーブルなし” と書いてあります。親切です。

読まずに買った自分が悪いだけです。

こっちを買えば良かった

ということで、ケーブル付きの黒の充電器を買えば良かった訳です。

こちらはちゃんとケーブルが付属しています。

最初、黒の方を見つけた際、ケーブルに消費電力量が表示される (LEDディスプレイケーブル) のが気に入り、欲しくなったのです。

その後、説明をよく読まないまま、価格差に釣られて白の方を買ってしまいました…。

別案

同じく65Wで、Ankerのものも良いかと思いました。

私が購入したものより少し高価ですが、電源ということもありこちらの方が安心感はあります。

しかし、これはケーブルが付属していない点と、電源プラグが折り畳めるのですが可動部があると逆に壊れやすいかもしれないのが心配という点から、今回は選びませんでした。

届いてからケーブルが無いことに気付く

届きました。


充電器としてはイイ感じです。

コンパクトで、質感もそこそこです。

でも、ケーブルがありません…。

どうしても電力表示させたくて

結局、ケーブルを買い足すことにしたのですが、最初に気に入っていた電力量を表示できるものを個別に選びました。

上記は、私が購入したものとは違いますが、”type-c ディスプレイケーブル pd” くらいで検索すると、色々出てきます。

100Wの充電まで対応しているものが多そうです。

高速なデータ転送にも対応しているものは少し高いと思います。

最初からケーブル付きの黒の充電器を買っておけばよかったです。

ケーブルも届いた

さらに失敗したかもしれないと思ったのは、”充電器を白にしたのならケーブルも白にすべきだった” という点です。


白の充電器に黒のケーブルは変ですね。


しかし、PCが赤×黒なので、こちら側は黒ケーブルで良かったかもしれません。

白のケーブルだと、逆に浮いてしまいますね…。

とにかく、最初からケーブル付きの黒の充電器を買っておけばよかったです (再掲)。

ちなみに私が買ったケーブルは、電力量を表示できるディスプレイ部分のコネクタは、充電器側、PC側どちらに差しても電力量を表示できるようです (ちょっとLEDが暗いかも)。

まとめ

本記事では、PCの充電用に USB Type-C (USB PD) の充電器を購入した際の失敗談について、そのグダグダ感をまとめてみました。

繰り返しますが、商品自体はOKです。私が間違えただけです。

教訓

わざわざ教訓にするほどでもないですが、まとめておきます。

  • 色違い、価格違いがある商品は、必要な付属品をよく確認する (特にAmazon)

  • ケーブルの色は、接続する機器の色に合うものを選ぶ

あわせて読みたい
「これはアリ」と思ったノートPCの書き溜め 本記事は、私が個人的に「これはアリ」だと思ったノートPCをただただ書き溜めていくものです。 たまに更新すると思います。 Stable Diffusionで作成 注意 本記事の内容...

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次