\ ポイント最大11倍! /

三井住友 ゴールド (NL) 発行はインビを狙わなくてOK

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

本記事では、三井住友カード ゴールド (NL) のお得な発行方法についてまとめます。

TL;DR

一般カード (スタンダードカード) での100万円利用によるインビテーションは狙わず、ポイントサイト経由でゴールド (NL) を発行した方がお得




出典:三井住友カード
表記

本記事では、クレジットカードの名称等を以下のように表記しています。

  • 三井住友カード ゴールド (NL): ゴールド (NL) 、ゴールドカード
  • 三井住友カード (NL): 一般カード
  • ゴールドカードに年会費永年無料で切替えいただけるご案内メール: インビテーション
注意

本記事の内容は個人的な調査結果や経験に基づいたものです。
正確な情報や最新の情報については、当該組織の公式Webサイト等をご確認ください。

目次

(一般カードから) ゴールドカードへ年会費永年無料でアップグレード可能に




出典:三井住友カード

2023年10月から、三井住友カードの一般カード (スタンダードカード) で100万円利用することにより、ゴールドカードへ年会費永年無料でアップグレードできるようになりました。

改善続きの三井住友カード、これもその1つですね。

ただ、わざわざ一般カードを経由する理由としては弱い

しかし、”ゴールド (NL) を手に入れるために、わざわざ一般カードを経由” するというのは個人的にオススメできません。

なぜかというと、一般カードでの100万円利用によるインビテーションを狙うより、最初からポイントサイト経由でゴールド (NL) を発行した方がお得なためです。

本記事では、ポイントサイト経由で三井住友カード ゴールド (NL) を発行する方がお得な理由と、その方法について説明します。

(参考) 改定の詳細

この改定 (拡張) の公式サイトの情報については、以下のリンクを参照ください。

ポイントサイト経由でゴールド (NL) を発行した方がお得

ポイントサイト経由で三井住友カード ゴールド (NL) を発行する方法について簡単に説明していきます。

一般カード経由との比較

以下2つのケースについて、ざっくりと要点だけ比較します。

(1) ゴールド (NL) のインビテーションを手に入れるために一般カードで100万円利用
(2) 最初からゴールド (NL) を発行して100万円利用

比較項目 (1) 一般カードで
100万円利用
(2) 最初からゴールド(NL)を発行し
100万円利用
年会費 永年無料(※1) 5,500円(税込)
年間100万円利用の翌年から永年無料
基本還元率 0.5% 0.5%
継続特典
(100万円利用)
なし 100万円利用で10,000P還元
クレカ積立の還元率
(SBI証券)
0.5% 1%
ポイント有効期限 2年間 3年間
その他 (その他の差異は右記) ゴールドデスク
空港ラウンジ利用可
選べる無料保険の補償が大きい
ショッピング補償あり
大手ポイントサイト案件
(本記事作成時点)
約4,000~6,500P 約5,000~8,000P

(※1) ゴールド (NL) インビテーション (ご案内メール) からの申込みで、ゴールド (NL) への切り替え後も年会費永年無料

なお(2)では、1年目に100万円利用することで、2年目以降の年会費の永年無料化もできます。

まず年会費と継続特典のみを比較

まずはシンプルに、年会費と継続特典のみを比較します。

(1) の場合、100万円利用でゴールド (NL) に切り替えた際、切替後の年会費5,500円を無料にできますが、100万円利用時の10,000P還元はありません。つまり、100万円の利用に対して5,500円相当のお得さということになります。

(2) の場合、ゴールドカードの1年目の年会費5,500円は発生しますが、100万円利用時の10,000P還元があります。つまり、100万円の利用に対して4,500円相当のお得さということになります (10,000 – 5,500)。

上記だけであれば、一般カードのインビテーションを経由した方が1,000円分お得に見えます。

…が、以下の点も考慮すると逆転します。

次に、大手ポイントサイト案件の獲得ポイントを比較

一般カードとゴールド (NL) をポイントサイト経由で申し込んだ場合に獲得できるポイント数を比較してみます。

時期によりますが、ほとんどのポイントサイトで、一般カードよりゴールド (NL) の方が、獲得できるポイント数が1,000~1,500P程度多いです。




出典:「三井住友 nl」は、どこのポイントサイトを経由するとお得? – 案件比較検索 / どこ得? ※2023年10月5日時点の検索結果に、当サイトにて赤枠、赤線で注釈

※最新の情報は、上記のように “どこ得?” で比較してみてください。実際の各ポイントサイトへの登録時に特典を受けられるご紹介リンクについては後述します。

このポイント差を考慮すると、概ね最初からゴールド (NL) を発行してもお得さは変わらない、あるいはゴールド (NL) の方が少しお得になります。

さらにゴールド特典も考慮

さらに、一般カードには無い、ゴールド (NL) の特典も考慮してみます。

クレカ積立の還元率 (SBI証券) や、ポイントの有効期限、各種ゴールド特典 (ゴールドデスク、空港ラウンジ利用可、選べる無料保険の補償額、ショッピング補償等) です。

ここまで考慮すると、個人的には大差をつけて “最初からゴールド (NL) を発行して100万円利用した場合の方がお得” になると思います。

最後の落とし穴は再審査




出典:ゴールドへ年会費永年無料でアップグレード|クレジットカードの三井住友VISAカード

本記事では、分かりやすく “インビテーション” と表記していますが、三井住友カードの公式ページには、”インビテーション”と書かれていません。

ご案内メール“です。

一般カードで100万円利用したのであれば、状況的に審査に落ちることはほぼ無いと思いますが、審査自体はあります。

個人の属性や信用情報の状況によっては、”一般カードで100万円利用してゴールド (NL) に申し込んだのに審査落ちした” という悲惨な結果に陥る可能性もゼロではありません (そのような事例がSNS等に流れると、何かしら炎上しそうですね)。

ということで、わざわざ再審査することを前提に一般カードを経由する必要性は無いでしょう。

つまり、”最初からゴールド (NL) を発行して100万円利用した場合の方が安心” でもあります。

でも、ほぼ達成しそうなら済ませた方が良い

ここまで、”最初からゴールド (NL) を発行して100万円利用した場合の方がお得&安心” という説明をしてきました。

が、既に一般カードをお使いで、100万円利用を達成できそうな状況なのであれば、100万円利用を済ませてしまった方が良いと思います。もちろん。

(本記事では、主に新規発行する場合について説明しています)

ゴールド (NL) はMastercardブランドがオススメ

ゴールド (NL) に関しては、Mastercardブランドでの発行をオススメします。

主に以下の理由からです。

  • 他の三井住友カードも所有したときのブランド分散 (プラチナプリファードやOliveはVISAのみ)
  • au PAYへのチャージが可 (楽天ギフトカード→楽天証券へのルート等も活用可)

2枚持ちのコーディネイトもオススメ (公式もオススメ)

年間利用金額が100~200万円程度の見込みであれば、ゴールド (NL) を2枚 (MastercardとVISA) 持つコーディネイトもオススメです。

それぞれのカードで100万円利用を達成すれば、継続特典は10,000P×2 を獲得できます。

※これは裏ワザでも何でもなく、三井住友カードが公式にオススメしているものです。

さらに、公式の入会時特典も活用

ポイントサイト経由の入会でも、三井住友カード公式の入会時特典 (キャンペーン) を利用できます。




出典:ゴールドカードなら三井住友カード ゴールド(NL)|三井住友VISAカード ※2023年10月時点 (最新の内容は公式サイトにてご確認ください)

タッチ決済の利用等により、5,000P+5,000P、計10,000Pを獲得できます。

マイ・ペイすリボの特典 (+3,000P) については、誰にでもオススメする訳ではありませんが、興味がありましたら関連記事として以下もご参考ください。

あわせて読みたい
誰にでもオススメする訳ではない…三井住友カードの還元率を0.5%アップする方法 本記事では、三井住友カードの還元率を0.5%アップさせる方法をご紹介します。 三井住友カードの自動リボ払い設定、"マイ・ペイすリボ" の特典を正規に利用するものです...

ポイントサイト経由でのゴールド (NL) の発行

次に、ポイントサイト経由でゴールド (NL) を発行する方法について説明します。

横断検索でポイントサイト選び

どのポイントサイトで発行するかを選ぶ際には、各ポイントサイトの案件を横断検索できるサイトを利用するのが便利です。

キーワードで検索すると、各ポイントサイトの案件と獲得ポイント数が表示されます。
※案件ごとの細かい条件等は実際のポイントサイトで確認が必要です。

個人的には、どこ得?がシンプルで検索結果の件数も多くて使いやすいです。

利用するポイントサイトの決め方

単純に、最も獲得できるポイント数が多いポイントサイトを選んでも良いと思います。

ただ “ポイ活” としては、他の案件でも今後ポイントを貯めてランクアップを目指す等、”ポイ活” を楽しんでいくなら、案件数の多さやポイントの使いやすさ等も考慮すると良いでしょう。

以下、定評のあるポイントサイトをいくつかご紹介します。

各ポイントサイトのご紹介リンク

当サイトからのご紹介という形で、各ポイントサイトのご紹介リンクを載せておきます。

よろしければご利用ください。

  • 使い方
    以下のバナーリンク (画像) をクリック (タップ) して開いた画面から会員登録することで、特典のポイントを獲得できます。
    特典を獲得するための具体的な条件等はリンク先のページをご確認ください。
    紹介コード等があるものは、申込時の入力欄でお使いいただけます。

  • 目安
    ポイントの貯めやすさ/使いやすさ、案件数、運営実績 (会員数、年数等) の面から、利用しやすいと思うものをご紹介しています。
    また、JIPC (一般社団法人日本インターネットポイント協議会) の参加企業が運営するポイントサイト、もしくは十分に規模や実績があると思えるポイントサイトのみです。

  • 注意点
    ポイントサイト自体が安心して使えるものであっても、やけに獲得ポイント数が高い、セミナーやリスク投資等の案件の利用は慎重に判断しましょう。

ハピタス

最初のポイントサイト選びに迷ったら、ハピタスをオススメします (私もメインで使用)。

貯まったポイントは現金やギフト券、電子マネーに交換できます。


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

当サイトからのご紹介 バナーリンク

会員登録後、実際にポイント獲得案件を利用することで、1,000P程度の特典ポイントを獲得できます (獲得できるポイント数は時期によって異なります)。

出典:ハピタス ※2023年10月時点(最新の内容はハピタスにてご確認ください)
出典:ハピタス ※2023年10月時点(最新の内容はハピタスにてご確認ください)

モッピー

モッピーも、貯まったポイントは現金やギフト券、電子マネーに交換できます。


手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

当サイトからのご紹介 バナーリンク

紹介コードを直接入力する場合は、 cUa6A121 

モッピーのアプリからの登録等の場合は、上記の紹介コードを直接入力すればOKです。

※モッピーの運営会社、セレスはJIPCを脱退しましたが、東証プライム上場企業であり、運営実績等の面からも安心して使えると思います。

Gポイント

Gポイントも、貯まったポイントは現金やギフト券、電子マネーに交換できます。


Gポイント

当サイトからのご紹介 バナーリンク

※Gポイントの運営会社、G-PLANはJIPCに参加していませんが、KDDIグループ傘下のビッグローブの連結子会社であり、また三井住友カードが出資をしています。

三井住友カードが出資しているということもあってか、GポイントからVポイントへの交換が可能なので、

例えば、Tポイント→JQキューポ→Gポイント→Vポイント

というポイント交換ルートが使えたりします。

三井住友カード利用者が色々なポイ活で貯めたポイントをVポイントに集約するためにも便利なので、会員登録しておいて損はないかと思います。

ECナビ

ECナビも同様ですが、クレジットカード系で他のポイントサイトより高単価の案件があったりします。


毎日貯まるポイントサイト ECナビ

当サイトからのご紹介 バナーリンク

ちょびリッチ

ちょびリッチも同様ですが、クレジットカード系で他のポイントサイトより高単価の案件があったりします。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

当サイトからのご紹介 バナーリンク

(別パターンのご紹介リンク:副収入編お買い物編)


まとめ

本記事では、三井住友カード ゴールド (NL) のお得な発行方法についてまとめてみました。

あわせて読みたい
【シミュレーション】三井住友ゴールドNLの獲得ポイント メインカードやサブカードに便利な三井住友カード ゴールド(NL)の獲得ポイントのシミュレーションをしてみました。 注意 本記事の内容は個人的な調査結果や経験に基づい...
あわせて読みたい
【シミュ、コーデ集】クレカの選び方、組み合わせ方 人気のあるクレジットカードについて、獲得ポイントのシミュレーションをしたり、コーディネイト (組合せ) を検討したりしました。 本記事では、それらの結果をまとめる...
【予約受付中】日経新聞から発売予定のマネリテ書籍 (5/2)

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次