\ ポイント最大11倍! /

よく使うプリカの上限まとめ

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

高還元ルートを活用する際、プリペイドカード (プリカ) が必要になるケースが多いです。

ただ、プリカにはチャージ (入金) や決済できる金額に上限が設けられており、それらの上限を超えないよう注意しないといけません。

本記事では、(私が) よく使うプリカについて、それらの上限等についてまとめます。

あまり使わないプリカについても、上限が記載されたページへのリンクを載せておきます。

Stable Diffusion XL (画像生成AI) で作成
Stable Diffusion XL (画像生成AI) で作成

本記事の内容は、個人的な調査結果や経験、推測、感想に基づいたものです。
正確かどうか、最新かどうかについては、公式情報等をご確認ください。

目次

想定する使い方

本記事で想定するプリカの使い方は、以下の記事に登場するものです。

本記事で上限をまとめるプリカ

本記事では、以下のプリカの上限について表にまとめます。

  • Kyash
  • ANA Pay
  • TOYOTA Wallet
  • 楽天Edy (※)
  • 楽天キャッシュ (※)
  • MIXI M

(※) 電子マネーですが、便宜上、一緒にまとめます。

また、以下のプリカについては、表にはまとめませんが、上限が記載されたページへのリンクを載せておきます。

  • VANDLE CARD
  • IDARE
  • B/43
  • au PAY プリペイドカード
  • ファミペイ

上限一覧

簡易版

主な上限をまとめた簡易版です。

注意が要りそうな部分は、色を付けてあります。

補足

  • いずれのプリカも、普段使いするなら本人確認を済ませておいた方が良いでしょう。
  • 特に注意が必要な上限は以下です。
    • TOYOTA Wallet: 残高 5万円
    • 楽天キャッシュ: 入金 10万円/月
    • TOYOTA Walletの残高上限については、買い物をして残高が減れば再度チャージできますが、楽天キャッシュについては1か月のチャージ上限が10万円です。
  • 表には記載していませんが、以下のような注意点もあります。
    • Kyashの決済によるポイント付与は、5万円/月の利用 (100P) まで
    • 楽天キャッシュによる楽天証券の投信積立は5万円/月まで
    • いずれのプリカもチャージ自体の手数料は無料だが、TOYOTA Wallet へのクレカによるチャージについては、本当は手数料204円かかる場合もあるところ無料対応中
    • TOYOTA Wallet QUICPay (JCB) の残高は、トヨタファイナンス発行のクレジットカードでのみチャージ可なので、本記事では記載していません。

詳細版

もう少し幅広く、スペックや各種上限をまとめた詳細版です (細かいので別タブ表示や画像保存してご覧ください)。

補足

  • 本人確認が未完了の場合の上限についても記載してあります。
  • Kyash Card Lite は2023年11月まで発行無料でした。今後も同様のキャンペーンがあるかは不明です。
  • プリカの場合、カードの有効期限と、残高の有効期限、それぞれあります。
  • ANA Payのバーチャルプリペイドカードが3Dセキュアに対応していることは、公式ページに記載はありませんが、サポートに個別に確認済みです (本人確認前で3Dセキュアが有効かどうかは未確認)。

関連する公式ページへのリンク

上限等に関連する公式ページへのリンクを載せておきます。

Kyash

ANA Pay

TOYOTA Wallet

楽天Edy

楽天キャッシュ

MIXI M

VANDLE CARD

IDARE

B/43

au PAY プリペイドカード

ファミペイ

まとめ

本記事では、(私が) よく使うプリカについて、それらの上限等についてまとめてみました。

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次