\ ポイント最大11倍! /

残念だったWindows 11 コンテキストメニューのショートカット対応

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

Windows11が、2023年7月の更新プログラムでエクスプローラーのコンテキストメニューのショートカットに対応しました。

本記事では、その動作を確認してみたら残念だった話と、操作感、改善策を紹介します。

Stable Diffusionで作成
Stable Diffusionで作成


目次

ショートカッター (※) 待望のWindows 11 新機能

(※) ショートカッターとは、できるだけショートカットキーを使って効率的にPC操作したい人を指す、本記事の中だけの造語です。

待ちわびたコンテキストメニューのショートカット対応

2023年6月27日リリースの更新プログラム、KB5027303で待望?の新機能が実装されました (KB5027303はプレビュー版なので、一般公開版は7月11日のKB5028185)。

それは、”エクスプローラーのコンテキストメニューのショートカット対応” です。



Windows 11からコンテキストメニューが一新され、操作性が悪くて困っていました。

例えば、フォルダやファイルを新規作成する際の “W” (以前は”X”) が使えません。

ようやくそれが解決する…と思った矢先、よくよく確認してみると困ったことが。

キーボードのメニューキーのみが対象 (右クリックNG)

まさか&いつものMicrosoft仕様で、マウスの右クリックは対象外で、キーボードのメニューキーを押したときに表示されるコンテキストメニューに対してのみ、ショートカットが有効になったようです。残念。

ということで、ショートカッターの皆さんは、この新機能の恩恵を受けたければ、キーボードのメニューキーを使いこなさなければいけません。

ノートPCではメニューキーを使いづらい

しかし、ほとんどのノートPCではメニューキーを使いづらいのです。

ノートPCのよくある仕様…

独立したメニューキーが無いという問題があるためです。

1ボタン操作でコンテキストメニューを表示させることができません。

この問題を解決するため、キー割り当てを変更する方法については、以下の記事にまとめてあります。

あわせて読みたい
ノートPCの右Ctrlにメニューキー割り当て (右クリックメニュー) 簡単なキーボード操作だけでコンテキストメニュー (右クリックメニュー) を表示させるため、キーボードのキー割り当てを変更しました。 本記事では、Microsoftが提供し...

本記事では、コンテキストメニューのショートカット対応の具体的な動作を見ていきます。

動作確認

具体的に動作を確認していきます。

環境は、2023年7月11日リリースの更新プログラム、KB5028185 を適用済みのWindows 11です。

リリース情報

ひとまず更新プログラムのリリース情報を確認します。

新機能! この更新プログラムは、エクスプローラーのコンテキスト メニューにアクセス キーのショートカットを追加します。 アクセス キーは、1 つのキーストローク ショートカットです。 これを使用すると、キーボードを使用してコンテキスト メニューでコマンドをすばやく実行できます。 各アクセス キーは、メニュー項目の表示名の文字に対応します。 これを試すには、エクスプローラーでファイルをクリックし、キーボードのメニュー キーを押します
 
出典:2023 年 7 月 11 日 — KB5028185 (OS ビルド 22621.1992) – Microsoft サポート

確かに実装されました。…が、キーボードのメニュー キーでの操作のみ対象です。

操作してみる

メニューキーを押してみる

リリース情報にあるとおり、メニューキーを押したときの動作が確かに変わっています。



分かりやすくアルファベットが表示されています。

UI的には、小さな文字のシールをペタペタと貼り付けたような印象ですが…。

操作感は後述します。

更新プログラム適用前はWindows 10と同じだった

今まで気づかなかったのですが、今回の更新プログラムの適用前だと、メニューキーを押したときに表示されるコンテキストメニューはWindows 10と同じでした (右クリックでなくメニューキー)。

以下は、デスクトップ上でメニューキーを押したときに表示されるコンテキストメニューの 新規作成(W) を選択したときの画面です。



フォルダの新規作成までの操作感

試しにフォルダを作成してみます。



W1F と、ボタンを3回押さないといけません。

イマイチですね…。

Windows10までなら、 WF のボタン2回の操作で良かったのですが。

いや、でもショートカットキーが無いよりマシです。

コンテキストメニューが表示される位置もイマイチ

どうも、カーソル位置に関係なく、フォーカスされたデスクトップやエクスプローラの左上にコンテキストメニューが表示されるようです。

なんとなく気持ち悪いです。

ファイルを選択した状態でメニューキーを押すと

シールだらけになります。



とりあえずショートカット対応はしてます。

ズレる

ショートカットキーのアイコンの位置がズレる現象が起きるようです。



いったんコンテキストメニューを閉じて、再度コンテキストメニューを表示し直すと、ズレがなくなります。

バグっぽいですが、直らない気がします。

とどのつまりは

更新プログラム適用前のメニューキーを押したときのコンテキストメニューはWindows10と同じだったので、もともとメニューキー経由であればショートカット対応できていた訳です。

つまり、これを単に “新機能!” と言うのは不正確な気がします。

ということで、本件を解釈し直すと、”メニューキーを押したときのコンテキストメニューをWindows11スタイルにして、さらにショートカット対応させた。でも右クリック時のコンテキストメニューはショートカット未対応。” という感じです。

仕方が無いので

今後、右クリック時のコンテキストメニューのショートカット対応があるかもしれないので、それは期待せず待つことにします。

ちなみに、コンテキストメニューを以前のスタイルに戻す設定もありますが、それはそれでイマイチです。

とりあえず、当面はメニューキーを使いこなせるか試してみようと思います。

あわせて読みたい
ノートPCの右Ctrlにメニューキー割り当て (右クリックメニュー) 簡単なキーボード操作だけでコンテキストメニュー (右クリックメニュー) を表示させるため、キーボードのキー割り当てを変更しました。 本記事では、Microsoftが提供し...

他の策

本記事では、Windows 11スタイルのコンテキストメニューにおけるショートカットを前提にしていましたが、以下のような操作方法もあります。

  • Shift + 右クリック
    以前のWindows 10スタイルのコンテキストメニュー表示のショートカット

  • Ctrl + Shift + N
    新規フォルダ作成 (ただし新規ファイル作成のショートカットは無い)

まとめ

本記事では、Windows11が、2023年7月の更新プログラムでエクスプローラーのコンテキストメニューのショートカットに対応した件についてまとめてみました。

残念の一言に尽きます。

わずかに期待しつつ、Windows12を待ちましょう。

あわせて読みたい
「これはアリ」と思ったノートPCの書き溜め 本記事は、私が個人的に「これはアリ」だと思ったノートPCをただただ書き溜めていくものです。 たまに更新すると思います。 Stable Diffusionで作成 注意 本記事の内容...

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次