\ ポイント最大11倍! /

IntelのPC向けCPUのロードマップを調べる

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

今後のPC向けCPUのことが気になったので、Intelのロードマップについて調べてみました。
本記事では、それらに関する公式、非公式な情報をまとめてみます。

目次

追記

2023年9月追記

2023年9月のIntel Innovation 2023 での Meteor Lake 最新情報は以下です。

あわせて読みたい
Intel Innovation 2023 での Meteor Lake 最新情報 (2023年9月) Intelのクライアント向けCPUに関し、Meteor Lakeを含む今後の情報にアップデートがあったのでまとめておきます。 Intel PC向けCPUのロードマップ全般については、以下の...

2023年7月追記

2023年後半以降の発表については、以下の記事にまとめてあります。

あわせて読みたい
Intel 2023年後半以降のPC向けCPU ブランドアップデート (Meteor Lake等) Intelのクライアント向けCPUに関し、Meteor Lakeを含む今後のリリースについて発表があったのでまとめておきます。 Intel PC向けCPUのロードマップ全般については、以下...

Intel社が公開するロードマップ

ロードマップを探すと、以下のページが見つかります。

インテル製品ロードマップの入手先

上記ページから、一般に公開されている情報として以下を確認できます(2023年1月時点)。

Intel Technology Roadmaps and Milestones (February 17, 2022)

2022年の投資家ミーティング(Intel Investor Meeting 2022)の際に説明された内容です。IntelのWebページで確認できる情報としては、これが現時点でのロードマップに相当するようです。

“Client Computing Group”の項目が、クライアント(PC)向けの製品に関する部分です。

他にも、”Datacenter and AI”でサーバ向けCPUのXeonに関する情報も記載されていますが、本記事ではクライアント向けのCPUについて確認します。

なお、Intel Investor Meeting 2022の資料自体は別のページに掲載されているので、そちらを確認していきます。

Intel Investor Meeting 2022の資料(2022年2月)

資料は、Press Kit: Intel Investor Meeting 2022に掲載されています。

クライアント向けCPUロードマップ(2022年2月時点)
クライアント向けCPUロードマップ(2022年2月時点)

出典:Intel Investor Meeting 2022 – Client Computing Presentation

赤い枠線と矢印は、CPU世代を示す箇所への注釈です。

クライアント向けCPUのリリース予定

Intel Investor Meeting 2022では、以下のように説明されています。

  • Raptor Lake(第13世代)が2022年後半に出荷予定(本記事作成時点で既に発表済み)

  • Meteor Lake(第14世代)が2023年に、Arrow Lake(第15世代)が2024年に出荷予定

  • さらにLunar Lake(第16世代)とその先に続く

“5 nodes in 4 years”いうことで、2021~2024年にかけて5世代のCPUをリリースする予定が発表されました。

新アーキテクチャの採用

新しいアーキテクチャの採用は気になります。

  • Alder Lake(第12世代)
    Performance Hybrid Architecture(Pコア、Eコア)

  • Meteor Lake(第14世代)
    New Flexible Tiled Architecture(CPUタイル、GPUタイル、SOCタイル、IOタイル)

New Flexible Tiled Architecture(複数タイル)については、以下のHot Chips 34の資料を確認します。

Hot Chips 34の資料(2022年8月)

これは、Intel Investor Meeting 2022より少し新しい情報です。

2022年8月に開かれたHot Chips 34で、Intel社からMeteor Lakeについての詳細な資料が公開されています。

New Flexible Tiled Architectureの部分を確認してみます。

New Flexible Tiled Architecture(複数タイル)

New Flexible Tiled Architecture
New Flexible Tiled Architecture

出典:Hot Chips 34 – Meteor Lake and Arrow Lake : Intel Next Gen 3D Client Architecture Platform with Foveros

Base Tile上に、CPU Tile、GPU Tile、SOC Tile、IO Tileが組み込まれ、Base Tileとの間はDie2Dieにより接続される構成です(FDI – Foveros Die Interconnect)。Tile(タイル)は、Die(ダイ)のことです。

従来のモノリシックなダイで製造する場合に比べ、コストや開発期間の圧縮ができるそうです。

非公式情報を含むロードマップ

以下、非公式の情報が混じります。

  • Alder Lake 12世代 2021年
  • Raptor Lake 13世代 2022年
  • Meteor Lake、第14世代 2023年
  • Allow Lake 15世代 2024年
  • Lunar Lake 16世代 2024年以降
  • Nova Lake(Panther Cove) 17世代? 2025年以降?

ネットで検索すると、上記の各世代について記載されている記事が見つかります。

リーク情報も含まれるのかも知れませんが、どれが正しい情報かといった判別はできません。

まとめ

IntelのPC向けCPUのロードマップについて調べてみて、2024年、2025年くらいまでの非公式なものを含む情報を確認できました。

ひとまずMeteor Lakeの続報を待ちたいと思います。

2024年にWindows12(仮)がリリースされるとしたら、まずリリース時点ではMeteor Lake世代のPCになると思います。

参考情報、関連記事等

あわせて読みたい
「これはアリ」と思ったノートPCの書き溜め 本記事は、私が個人的に「これはアリ」だと思ったノートPCをただただ書き溜めていくものです。 たまに更新すると思います。 Stable Diffusionで作成 注意 本記事の内容...
あわせて読みたい
Intel 2023年後半以降のPC向けCPU ブランドアップデート (Meteor Lake等) Intelのクライアント向けCPUに関し、Meteor Lakeを含む今後のリリースについて発表があったのでまとめておきます。 Intel PC向けCPUのロードマップ全般については、以下...

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

あまり知られていない50%OFF商品専用ページ (Amazonのヤスイイね)
シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次