【随時更新】Amazonタイムセール情報

ダイニングテーブルのモニターを買い替え (LG 24QP750-B)

当サイトには広告を含みます。

当サイトでは、広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。

"オススメ" として紹介している商品やサービスは、個人的にそう思えたものだけです。

共感、興味をもっていただけるものがあればご利用ください。

先日、ダイニングテーブルにモニターアームを取り付けてみたのですが、さらにモニターを買い替える機会があったので、少しスペックの違うものを選んでみました。

本記事では、そのモニター買い替え前後の様子をまとめておきます。

モニター買い替え後
目次

経緯

スキマ時間に家のことに気を配りながらPC作業をするなら、居住空間内にあるダイニングテーブルにモニターアームを取り付けてしまおうという発想に至りました。邪道(?)であることを承知の上での結論です。

その様子は以下の記事にまとめてあります。

モニターアームの取り付け自体は済んでいるので、本記事ではモニターの買い替えについての話です。

求めていること

買い替え前の要件との差分に絞って記載します。

用途

ダイニングテーブルでの PC作業用です。

動画、画像の編集用途やゲーミング用途向けの性能は不要です。

重視するポイント

今回、モニター選びで重視するポイントは以下です。

  • 23~24インチ、FHDWQHD以上、sRGBカバー率95%以上
  • 33.5kg以下
  • USB Type-C 1本でPD、ハブ利用も可

23~24インチ、WQHD以上、sRGBカバー率95%以上

買い替え前はフルHDだったのですが、より解像度が高いWQHD (2560×1440、2.5K) のものを探しました。

また、色域についても買い替え前はsRGBカバー率が86%でしたが、もう少し広いものにします。

3.5kg以下

上記の解像度および色域と引き換えに、重量は増えてしまいます。3kg以下になるものは見つかりませんでした。買い替え前は、2.4kgです。

今回は、買い替え前の3kg以下という条件を少し緩めて、3.5kg以内とします。

USB Type-C 1本でPD、ハブ利用も可

PCとディスプレイをUSB Type-Cのケーブル1本で接続するだけで、モニターへの映像出力 (DP Alt mode)、PCへの給電 (USB PD)、モニターのUSBハブとしての利用ができるようにします (まとめてThunderboltでも可)

これは買い替え前と同じ条件です。

選び方

続いて、私が実際に購入した商品を紹介します。

モニター

私が購入した商品

AmazonでLG製の24QP750-Bを購入しました。前述の要件を満たします。

買い替え前は、JapanNext製のJN-IPS238FHDR-C65Wでした。

JapanNext
¥18,981 (2024/05/20 06:55時点 | Amazon調べ)

両者の主な違いは以下です。主な差異と要件に関連する部分だけを抜き出しています。

JN-IPS238FHDR-C65W24QP750-B
私が今まで使用新しく買った
液晶パネル23.8インチIPS系23.8インチIPS
輝度350cd/m2300cd/m2
解像度FHD (1,920×1,080)WQHD (2,560×1,440)
表示色1677万色 sRGB86%約1677万色 sRGB99%(CIE1931)
USB Type-C映像/65W給電
USBハブ機能あり
重量(スタンド含む)約2.8kg (仕様)約5.5kg (仕様)
重量(スタンド除く)2.4kg (実測)3.4kg (仕様&実測)
VESAマウント100x100mm
その他公式サイト製品ページ公式サイト製品ページ

液晶パネルの性能が大きく違います。たぶんそのためか、24QP750-Bの方が重量は大きいです (JN-IPS238FHDR-C65Wはやっぱり軽かった)

価格は2024年4月時点で倍程度の違いがあります。

参考

その他、参考までに。

これは、同程度の画面サイズである23.7インチで、解像度がさらに高い4Kです。USBハブ機能はありません。個人的には4Kなら画面サイズを大きくしたい気がします。

買った結果

商品が無事届いたので、開梱してダイニングテーブルに取り付けていきます。

開梱

開けてみます。

箱から出した
取説
電源アダプタが大きい(困)
端子はすべて背面に
VESAマウント部は凹みあり
厚みの違い
(左:24QP750-B、右:JN-IPS238FHDR-C65W)
操作は下部のスティック式のボタンのみ

モニターアームにモニターを取り付け

買い替え前と同様に取り付けます。

取り付け後
端子がすべて背面にあるのでやや目立つ

動作確認

新旧のモニターの画面を見比べてみます。

解像度の違いが大きいと思います。色もたぶん新しい方が良いです。

写真自体をキレイに撮影できていませんので目安程度に。また動画は左右で再生タイミングが微妙にズレています。

カラーグラデーションサンプル:EIZOのページ
動画:α7S II:ISS船外から世界初の4K撮影 –日本列島–【ソニー公式】 – YouTube
動画:The Ancient Capital of Japan(奈良市観光PR動画)/4K Ultra HD【NARA CITY OFFICIAL】 – YouTube
出典:【4K】一生に一度は行きたい!ジブリ映画の舞台!?赤と青の絶景都市 ドゥブロヴニク World Heritage, Dubrovnik in Croatia. Aerial 4K video. – YouTube
出典:[4K] THE GREATEST JAPANESE FIREWORKS (shot on Samsung NX1, BMPCC4K and BMPCC6K) – YouTube
出典:4Kアクアリウム【リラックス音楽】サンゴ礁に住む熱帯魚とウミガメ 🐠|3時間リモート水族館|Relaxing Music & UHD Aquarium Video – YouTube

使ってみて

JN-IPS238FHDR-C65Wから24QP750-Bに買い替えて、しばらく使ってみた感想です。基本的に満足。

24QP750-Bの良かった点
  • USB PDとハブ機能は配線がスッキリして便利。
  • 解像度の違いから、視認性が高い。
  • 色も見やすい。
  • あっても使わないスピーカーは内蔵されていない (ヘッドフォン出力あり)
24QP750-Bのイマイチだった点
  • モニターの電源アダプターが大きい (ダイニングテーブル側面にケースを吊るしてそこにアダプターを入れている)
  • モニターの操作が下部のスティック式ボタン1つだけ (個人的には慣れればむしろ使いやすくてOK)
  • 重量は、JN-IPS238FHDR-C65W(2.4kg)に比べ24QP750-B(3.5kg)は重たい (アームへの取り付け自体は可)
  • 端子が背面にあるので、背面が人の目につく場合や、壁ギリギリに設置したい場合には邪魔。

まとめ

本記事では、ダイニングテーブルに取り付けたモニターアームに搭載するモニターを買い替えた話をまとめてみました。

日ごろのお買い物等にご利用いただけると当ブログ継続の励みになります

出張先、旅行先のホテル予約はお早めに

シェア=ありがたみ
  • URLをコピーしました!
目次